家族間・職場・恋人~人間関係での悩み「原因の7割が誤解だった⁈」

令和4年6月18日リライト

日々、人と関わっていると
こんな事ってありませんか?


最初は「好き」と思って
付き合ったものの‥。
思っていた人柄と違っていたり、
波長が合わなく感じたり。


職場などでは、
「あの人苦手」
「話しにくい」
と話す前に感じたり。


家族間では、
子どもの気持ちが分からない、
逆に、自由がなくて窮屈に
感じていたり。




このブログに
辿り着いて頂いたあなたも、
何らかの人間関係での悩みや
ストレスを抱えているのでは
ないでしょうか。



今回の記事では、
ほとんどの悩みは

お互いの「誤解」が
招いていた事実について
お話ししますね。


「人間関係は良好で楽しい!!」
という人は読まなくても
大丈夫です(笑)

家族間での悩み

家族間での悩みやストレスを
抱えている人は少なくないはず。


私の所へ相談におみえになる方も
「親子間」「嫁姑間」「夫婦間」
の悩みや問題を抱えている場合が
とても多いように感じます。


<悩みの原因>

  • 子どもが言う事を聞かない
  • 夫が育児に無関心
  • 義理母と考え方が合わない
  • 自由がなくて窮屈に感じる
  • 愛情を感じられない

など‥。
上記以外にもたくさんあるとは
思いますが、


実はこの悩みのほとんどが

” お互いの誤解 ”

からだったりするのです!!

家族間の誤解はポジション

どんな誤解かっていうとね、

一番多い誤解は「役割」
家族内でのポジション間違いです。




日本では古くからの習慣で
「長男跡取り」という
考え方が根付いています。

でも、
生まれた順番を除いてみた時、
本当に長男さんがその家の
跡取りなのでしょうか?。


自分のことを世話してくれる
又は側にいてくれるお子さんは
誰だと思いますか?
(感じていますか)


古くからの常識的なモノを
取り除いたら、大抵の方は
自分の役割(ポジション)的な
ことをちゃんと解っているのです。


なのにね、
「長男なのに家を出ちゃって親不孝」
なんて言い方をしたり、されたり
してしまっているのです。


長男でも「跡取り相」とは
限らないのに、決めつけてしまい、

本人は
「自由に羽ばたきたい」
「早期自立して世界へ」
なんて意欲的なことを
否定してしまっていたら‥。

そりゃあ、仲も悪くなりますよ!

家族は団体チームみたいなもの

家族をチームに例えた時
あなたはどんなポジション(役割)を
望んで生まれてきたのでしょう?


チームをまとめ、導く「監督役」
監督やチームの「サポート役」
未来のために「挑戦・学習役」
悩みや問題の「相談・助言役」
みんなの癒し「愛され役」
等々‥。

長男、長女だから「監督」を
選らんできたとは限らない!

叡智を身に付けるために世界へと
思って来たかもしれないでしょ?


大切なのは、
「本当はどんな役をしたかったのか」
お互いのポジションを確認し合うこと。

お互いのポジション(役割)が
理解できてくると、

「監督役」だから
家族のことが気になるのね!

「挑戦役」だから
家は二の次で外の世界へ
回遊したいのね!

「相談役」だから
いつも家族の愚痴や悩みを
聞いているのね!

という具合に、
行動や思考がわかると、
腹が立たなくなるものです。


ようは、
自分の役割はもちろん
相手の役割を理解していないから、
常識に当てはめてしまい、

「~~なのに
~~分かってくれない」

なんて事になっているのです。

関連記事「誕生日に秘めれてた役割

職場での悩み

職場でも
「人間関係の悩み」は
多いようですね。


次に多いのは
「仕事が合わない」

実は、この悩みもね
7割以上が「誤解」から!!

関わり方の常識の違い

職場での「人間関係」で
よく相談されるのが、
・あの人と合わない
・上司についていけない
・輪に入れない
‥など。

上記の原因の中にも、

関わり方の違いがあることを
お互いが知らないための

「誤解」
が多いってことです。


自分が心地よいと感じる事が
相手も同じとは限らないのです。


例えば、
・少人数でいつも同じ人が良い
・ワイワイとグループ的なのが良い
・多くの人と接していた方が良い

などのように、
関わる人数の違いや

・思い立ったが吉日
・よく考えてから決める
などのような
考え方の違いもあるのです。


言われてみたら、
そうそう!って
気付くことなのですが、

自分が当たり前と思っていることは
案外気づけないものなのですよね。

得意なこと(才能)の違い

人との関わり方の他にも
得手不得手、才能の違いも
「誤解」の要因の一つです。

職場でよくあることでは
・得意じゃない仕事を任される
・リーダーシップが取れない
・頑張っても評価されない
など。


人は自分基準で物事を
判断しがちなのです。

もちろん、悪気なんて
これっぽっちも無いのですが、
自分が簡単にできたことは
相手にも容易くできるでしょ?と
思ってしまうものなのです。


例えば、

適応能力に優れている人は
その場の状況判断が早く、
パッと動けるのですが、


物事の本質を分かってから、
失敗しないようにと
いろいろ段取りしてから
やっと動く人に対して

「早くして」
と言いたくなってしまうのです。


逆のパターンもあります。

しっかり戦略を立てて
企画、発信する人は
根拠なく又は無計画な人に
腹が立ってしまたりするのです。


それは全て自分が基準だから。


そんな誤解から起こる
トラブルやストレスは
相手を知ることで
大半は解消されます!


だから、
先ずは自分と他人との違いを
知る事から始めてみることを
オススメしたいのです(*’ω’*)

関連記事「自分がされてうれしいことしたら

恋愛(恋人)の悩み

恋愛の悩み相談でも
気持ちのすれ違いって
よくありますよね?

自分のことを誰よりも
分かって欲しい相手だからこそ
一番知りたい相手だからこそ

相手の気持ちが分からなくて
起こるモヤモヤした感情‥。


不思議なモノでね、
人は自分と違う人を
好きになる事が多いのに
(ないものねだり)

悩みの内容は
同じじゃない事なのです。




例えば、

人の顔色が気になってしまうから
自己主張が苦手な私。

いつも自信があって、
言いたい事をハッキリ言える人
って素敵♡と思って
相手に魅かれるとします。


でも、時が経つとね
言わなくても察してよ~
などと、
相手に求めたくなり、
察してもらえない現状に

「ほんと、言わんとわかない人ね」
って愚痴ってしまっているのです。



こんな人もよく見かけます。

家庭的な人が好き、
と言っておきながら、
「外へ出て働きもしない」
って愚痴ってしまう人。



自分には無い所に
魅かれたはずなのにね、
おかしな動物ですよね(笑)


でも、
最初から違いをよく理解して
付き合っていれば、
「こういう人だからそうするよね」
「言ってくれなくても仕方ない」
「気づかなくて当然だよね」
って思う事ができるのです。

お互いを知る事は
良くも悪くも相手を受け入れること。
その上で交際していけば、
きっと上手くいきますよね。


相性が良い、悪いという
質問を受けますが、
一概に良い悪いではなく、
どれだけ相手を受け入れるか
理解ができるのかなのだと
私はお答えしています。


いかがでしたでしょうか。
家庭・職場・恋人との
「誤解」から起こる悩み、

解決の参考になりましたでしょうか。
人間関係で悩まず、
楽しく生活していただけたら幸いです。


相手を知る方法を知りたい方は
やまと式かずたま術」を
体験してみてください。

無料メールレッスンのご登録は

興味はあるけど・・もっと「かずたま術」を知りたい
鑑定へ予約する前にもう少し何が知れるのかを知りたい
そんな方は「無料メールレッスン」へご登録ください。

無料レッスン終了後には自動的にメルマガへご登録できます。
ランダムではありますが・・
月に6~7回ほどのペースで体験談や活用例などを中心に
メルマガを配信しております