「人前で話すことが苦手でもいいんだよ!」だってそれも強味になるのだから

令和3年7月10日リライト

人前が苦手
自分アピールするのが下手

そんな不安や苦手意識から
「できない」「やりたくない」
仕事や職の内容よりも
人前で話すことにストレス…

私って駄目だな、緊張しちゃうし
リーダーは向かないな
なんて落ち込んでしまったり、
自分に自信が持てなかったり…

このブログに辿り着いていただいた
あなたは、そんな人前で発表したり
自己主張するのも苦手な方と思います

実は私もその一人です(#^.^#)

今回の記事では
・人前が苦手な理由
・得意な人と苦手な人の違い
苦手を克服すべき?
そのままの自分でもいい?

苦手を強みにも変えられる方法などを
お伝えしたいと思います

人前が苦手な理由

あなたが人前が嫌だって思う理由は何ですか?

  • 緊張してしまう(あがり症)
  • 言葉が上手く出てこない
  • 人目がとっても気になる
  • 自分に自信が持てない

他にもいろいろな理由があるかと思います

では、どうしてそう思ってしまうのでしょう・・

人には得手不得手があるものです
言い変えれば、「向き不向き」があるのですから
人前で話すことが苦手(向かない)人もいて良いのです。

世の中の人み~んな人前が得意だったら
自己主張強すぎてうるさいですもの((笑))



コミュニケーションの取り方(対人関係)の違いは
物事の考え方や行動にもかなり影響があると言えます

画像はイメージ(写真ACより)


例えば、物事や人を観るとき

・広く多角的な目線で捉えるのか
・自分のこととして置き換えて個として捉えるのか

・広く浅く付き合うのか
・狭く深く付き合うのか

そんな当たり前と思っている事にも
とても影響があるのですよ!
では、
あなたはいったいどんなタイプなのでしょうか
一緒に考えてみましょう

人前が得意な人と苦手な人との違い

人前が「向き、不向き」な人との違いを
見てみましょう。

向いている人

自己主張ができるタイプの人たちです。大勢の中にいても自分の意見を言えたり
物怖じすることなくいられます。

目立つタイプの方が多いようにも感じますね。(緊張はする人もいます)

それは、逆を言えば、、対一人になると弱いということ。相手に見つめられてしまうとトキドキなわけです。

数霊体験セミナー風景

向かない人

一人一人を良く観察するタイプの人たちです。

空気を読むという言い方と近いのですが、大勢の中に行くと、自分の居場所を探したり、誰に声をかければ良いか迷ったり、今、意見を言っても良いのか不安だったり1人1人の顔色や反応が気になる(見ている)ため、大勢の中では自己主張が難しいのです。

逆に対1人の場合や少人数でしたら、強気で意見を言えたりします。

画像はイメージ(写真ACより)

どちらでもない人

どんな場にいても対応できてしまうタイプの人です。

カメレオンとでも言いましょうか、その場に合わせて順応できる才能を持ち合わせているので、大勢でも少人数でも適応できる人なのです。

画像はイメージ(写真ACより)

このように、自分がどのタイプなのかを
知っておくだけでも気持ちが少し楽に
なりませんか?

人前が苦手でも得意でも、どっちでもいいのですよ
そこに本来は優劣は無いのですからね

苦手は別の強みに変わる

大抵の場合、人前で話せるようにと
トレーニングをする人が多いように思いますが
それをする必要が本当にあるのでしょうか???

人前では自分を出せず、緊張したり、変にドキドキして
言いたい事が言えなかったとしても
落ち込む必要なんてないと
私は思います。(あくまでも私個人の意見ですけど)


なぜなら、人前が苦手な人ほど、
少人数ではしっかり自分を表現できる
と思うのです。

画像はイメージ(写真ACより)

それにね、大勢が苦手な人は
一人一人のことをよ~く見れる能力
がある事が多いのです。

人目が気になる=よく相手の顔色が見えている


そういう才能なのですから
大勢の中の一人の人が体調悪そうなことに
いち早く気づけたり。

前から何列目の右から何番目の人は
ずっと携帯触っていました。

などど・・
細かいことが把握できているのですよ。

じゃあ、それ
「強みに変えちゃいません?」

・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、全てが表裏一体だとしたら、
見る方向、捉える方向、見せる方向
を変えて見たら?

人前が苦手でもそれは別の得意になるし
「いいじゃん苦手でも」
って思えるのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたが「苦手」と思っていること
「嫌」と思っていることも
自分を知れば案外簡単に気持ちも
変えられるものなのかも知れませんね。

自分をより知る方法

自分の強味(向き不向き)を知る方法として、
私がオススメする一つに
「やまと式かずたま術🄬」があります。

名前の持つ言霊(数霊)から

  • コミュニケーションの取り方
  • 得意、不得意
  • ついついやってしまうこと
  • 考え方の傾向

などなど・・・
「世界でたった一人のあなた自身」を知る術です。

  • 自分では気づいていない持ち合わせた才能
  • 自分の当たり前と他人との違い
  • 自分の才能を発揮する職業
  • 自分を魅せるステージ・ポジション

自分って何者?
本当はどんなことを望んでいるの?
私って何に向いているの?


かずたま術では、
何となくボヤっとしていたことが
スッキリ明確になる?!

そんな究極の「自己探索法」です
鑑定で自分のことを知ることはもちろん
鑑定法を学べば
「相手のことが手に取るようにわかります」

人間関係に悩んだり、
上手く人をまとめたりが苦手な方には
相手を知る方法として学んでみるのも
良いのではないでしょうか。


いかがでしょうか。
人前で発言や大勢は苦手と思っている方
苦手のせいで自分に自信が持てずにいた方へ
ヒントになれば幸いです。

自分の才能を詳しく知りたい方は
一度鑑定へお越しくださいね。

参考記事


無料メールレッスンのご登録は

興味はあるけど・・もっと「かずたま術」を知りたい
鑑定へ予約する前にもう少し何が知れるのかを知りたい
そんな方は「無料メールレッスン」へご登録ください。

無料レッスン終了後には自動的にメルマガへご登録できます。
ランダムではありますが・・
月に6~7回ほどのペースで体験談や活用例などを中心に
メルマガを配信しております