1分で伝わる「自己紹介の仕方」

毎年、4月は新しい出会いが多いですよね
新学期・新入生・新入社員・・・
職場や学校などで「自己紹介」をする機会も
増えるこの時期

☑ありきたりの事しか言えない
☑自己紹介が苦手
☑何を言えばよいか分からない

あなたなら何を伝えたいですか?
相手の何をしりたいですか?


今回の記事では
<1分で伝える自分>
上手な自己紹介の仕方をご紹介しますね

1分で伝わる自己紹介3つのポイント

自己紹介でのポイント

一般的な自己紹介では
・名前や生年月日
・趣味や特技
・挨拶

などが主流となっています

しかし!!
それでは皆と同じで
相手に覚えてもらえるとは限りません!

自分のことをちゃんと
伝えたわけではありません!


本当の意味での自己紹介とは
自分を知ってもらうことなのではないでしょうか

では、自己紹介で何を話せば良いのでしょうか・・

得て不得手は両方話す

一つ目のポイントは
「得て不得手」

自己紹介で良い事ばかり並べる人
逆にとても謙遜してダメな所ばかり言う人

あなたはいかがですか?

(自分を良く見せたい!)と思うのは
人として当然の衝動ですが、時に良い事ばかりを
並べてしまうと、後に苦手な部分やダメな自分を
見せられなくなってしまうケースも少なくありません

逆に
(ダメなところは最初に言っておこう!)と思い
出来ないこと、苦手を並べ過ぎてしまうと
相手に与える印象はどうでしょう・・
やる気がない・自身がないように思われてしまう
ケースもあるように思います

では・・

どう話せば良いのでしょう

どんな事も良い面と悪い面がありますよね
あなたも気になる相手を見る時に
ここは好き、ここは嫌い
そんな特技があるのね、そこが苦手なのね
などと、良い事も悪い部分も含めて
〇〇さんってこんな人って理解しませんか。

相手に自分を知ってもらうための
コツは
「得て不得手は両方話すこと」です

ストーリー性が大切

2つめのコツは
「動機や経緯・未来」とストーリーを話す

趣味や興味があることを

「趣味はテニスです」
とか

「休みの日にはヨガへ通っています」
など

答えだけを伝えるような話し方は
相手には決して印象には残らないものです

ちょっと比べてみてください

例:1
「私は学生の頃テニス部で部長をしていました
今でも休みにはテニス好きな仲間と集まって汗を流し
今後はテニスの楽しさを知ってもらう活動をしていきたいです」

例:2
「私の趣味はテニスです。休みはいつもテニスで
汗を流しています」

例1・2 では印象が違うのがお分かりですよね。

なぜ今それをしているのか
何のためにやっているのか
何にどう興味を持っているのか
などを付け加えることで

聞いた相手は
(楽しそう、体験してみたい)
(どんな仲間たちなんだろう)
(学生の頃からリーダーシップだったのね)

などと、趣味以外のことを考えさせられながら
趣味についての自己紹介を聞くことになるのです

話しにストーリー性を加えると
単なる1分の自己紹介が
まるであなたの人生物語に変わるのですよ

自分のどこを魅せたいか分析

3つ目のポントは
「自己分析」

自己紹介は長くても1分程度
短時間で自分を伝えるわけですから
そもそも自分を分かっていないと
話になりません

面接などでもよくお見掛けするのですが
定型文のような自己紹介をする人
↑決して間違えではないし
それでも相手に失礼があるわけではありません

でもね・・
私が受ける印象は(あくまで私個人の印象ですが)

その方へ興味が持てないってことです
名前だけはわかったけど・・
全くどんな人なのか、何が得意なのか
何をしている人なのかが入ってこないのです

(記憶に残らない)
あなたもそんなことを感じたことはありませんか?


第一印象で自分に興味を持ってもらえるか
記憶に残らない結果になるのかは
「1分の自己紹介」にあると言っても良いのでは?_と
私は思っています。


1分で自分の魅力や人格を伝えるには
自身が自分を分かっていなければ
何を伝えたら良いのかは当然わかりません

  • コミュニケーションの取り方
  • 興味を持つもの(持っているのも)
  • 将来へのこと(抱負)
  • 才能をどう活かしていきたいのか

しっかりと自己分析ができてくると
自ずと自己紹介で何を伝えるべきか(魅せる)も
分かってきます

又、相手のことも知ると・・
どこを見てあげるべきかも分かります



自己分析法については↓↓を参照ください。

自分を知る方法について

いかがでしたか。
1分で伝わる「自己紹介のコツ」参考になりましたでしょうか。
職場や学校、新しいコミュニティでご活躍いただけたら幸いです。

まずは公認鑑定士の鑑定を受け自分を知ることから

やまと式かずたま術に少しでも興味を
持っていただけましたか?

まずは、あなたのお近くにいる
公認鑑定士の鑑定を受けてみては
いかがでしょうか?

きっとあなた自身を知るきっかけを
つかめるはず!

鑑定士のご予約はこちらをクリック
↓↓↓