やまと式かずたま術~「生まれる前に約束してきたこと」

何をする為に生まれて来ましたか?

私は、見える人ではありません
特殊能力もありません
ごく普通の人間です

だから、生まれる前の記憶もありません
体内記憶もありません

大抵の人はそうだと思います

だから、この世に生まれて来る時に

何をする為に生まれて来たのか?

約束したことを忘れてしまうそうです

実は、このことがとっても大切なことなんです

やまと式かずたま術®が大切にしているもの

やまと式かずたま術®の鑑定で最初にお伝えすることは「役割」です

どうして最初にお伝えするかというとそれが一番大切なことだからです

「役割」こそが生まれて来る前に約束したことなのです

自分で生まれる日にちを決めて生まれて来るのです

例え、帝王切開でお母さんが生む日を決めたとしても、その日に生まれることが運命として決まっているのです

「生まれて来る前の約束」は誕生日で決まります

それが、家系におけるポジションとなります
このポジションを理解していないことにより、家族の不和の原因になっていることが多く見られます

早く役割を知ることが大切

誕生日があらわす役割は五つあります

①家督相…家系を護り継承して行く役割
②開拓相…早くに家系から自立して自ら人生を切り拓いて行く役割
③側近相…家系の近くにいて家系をサポートして行く役割
④払拭相…人間関係を中心に起こる問題を解決する助言者の役割
⑤寵愛相…寵愛を受けながら生きていく役割

最近、鑑定をする中で『役割』をお伝えすると

「やっぱり、そうなんですね」と言われる『家督相』の方が多いです

「親と一緒に住んでいる兄弟がいるのに病院に連れて行ったり、面倒見るのは全部、私なんです」

同居されているご兄弟の誕生日をお聞きすると『家督相』ではないことが多く
更に困ったことが

「実家を壊して2世帯住宅を親に作ってもらって、一緒に暮らし出すと、家の中で親とは絶縁状態なんですよ」

実はこのケース、とっても多いんです

子どもさんから「一緒に暮らそうよ」なんて言われたら
嬉しいから、お金出しちゃいますよね

だからね
事前に子どもさんの役割をきちんと知っておくのは大切です

そして、長男長女が跡取りとは限らないんです

これは家業を継承する場合も同じです
後継者を決めるときには鑑定をお勧めします

取り返しのつかないことになる前にまずは家族の『役割』を理解しましょう

まずは公認鑑定士の鑑定を受け自分を知ることから

やまと式かずたま術に少しでも興味を
持っていただけましたか?

まずは、あなたのお近くにいる
公認鑑定士の鑑定を受けてみては
いかがでしょうか?

きっとあなた自身を知るきっかけを
つかめるはず!

鑑定士のご予約はこちらをクリック
↓↓↓