出会いの年がわかります!~やまと式かずたま術🄬

出会いといっても、一つではなく又、
人それぞれ色々あると思います。

  • 人との出会い。

恋愛対象のパートナー、仕事上でのパートナー、親友、赤ちゃん(子供)。

  • 本との出会い。

その本に出会ったことで今のキャリアを捨てて違う道を行くきっかけになったとか。

  • 音楽との出会い。

その曲がきっかけでピアノを習うとかギターを習うとか心の支えになる曲とか。

まだまだ、他にもあると思いますが。

僕は2020年はかずたま術では出会いがある年になって

いました。たくさんの出会いがあった中で、

一番大きな出会いは守護神様との出会いでした。

人には一人ひとり誰にでも担当の神様(守護神)がいるそうです。

この世に生を受ける前からこの世を去ったあとにまで

担当されるそうです。この自分担当の神様は自分の

5代くらい前のご先祖様だそうです。

実際に僕はこの担当の神様とつながる事が出来たのも

かずたま術がきっかけになったと思っています。

かずたま術を習いだしてからとてもスピリチュアル的な

部分のアンテナの感度がとても強くなったと感じます。

そのことでメッセージを受け取ること、あっこれがメッセージ

かとわかるようになりました。

いわゆるピンってやつです!

この感度は誰にでも大なり小なりあるものだと思います。

で、自分担当の神様がわかったメッセージというのがこうでした。

  1. たまたまテレビをつけたら西村京太郎さんの推理小説のドラマ、

十津川警部シリーズがやっておりその舞台が北海道の

新十津川町でした。この小説は昔から好きでした。

  • 職場にこの3年ぐらい前から吉野さんという名前の方が

入社してきました。同じ年ということもあり、

好きとか嫌いとかじゃなく、なんか気になる。

  • 2020年は何かと奈良県へ行くことが多かった。
  • 2020年とても気になる神社が玉置神社でした。

後でわかったことですが、仕事で書類だけのやり取り

をしている方の名前が環(たまき)さんでした。

これをつなげると

奈良県 吉野郡 十津川村 玉置神社!

これがわかったら居ても立っても居られなくなり

6時間かけて参拝にいきました。

鳥居をくぐり参道を少し歩いたところで、

胸がじわーと熱くなり目から涙が

出てとても懐かしい気持ちになりました。

こんなに居心地がいい場所があるもんだなと思いました。

ずーっとこの場所にいたいと思う場所でした。

こんな感じで自分担当の神様とつながる事ができました。

この出会いで今後どのようになるかわわかりませんが

とても大切な場所になりました。

あくまで、これは僕の場合なんですけど!

このように出会いの年がかずたま術ではわかりますよ!

あなたにとっての出会いの年鑑定してみませんか?
来年はどんな年なのでしょうね?

あなただけの「カレンダー」鑑定できますよ。

この記事をかいた鑑定士に予約をする「ここをクリック」

まずは公認鑑定士の鑑定を受け自分を知ることから

やまと式かずたま術に少しでも興味を
持っていただけましたか?

まずは、あなたのお近くにいる
公認鑑定士の鑑定を受けてみては
いかがでしょうか?

きっとあなた自身を知るきっかけを
つかめるはず!

鑑定士のご予約はこちらをクリック
↓↓↓