AIが運命の人を選ぶ時代だからこそ

AIで出会う時代

時代、かわりましたね~
昨日TVで「政府がAI婚活に後押し」と
ニュースで観てビックリです

確かに30分もかけて100問を超える
項目を入力していき、その人の特性を
分析した上でのオススメの相手らしいので
確率論から言えばお互いの相性は
きっとそれなりに良いのでしょうね

このブログに辿り着いて頂いたあたなも
AIでの婚活中、またはお考えなのでは?
そんなAI時代にだからこそ必要な
「お相手選び」知りたいと思いませんか?


「相性を観てください」という
お客様よりも
「自分にはどんな人が合うのですか?」
というようなご相談を受けます


出会い方もいろいろな時代
自分のどの部分を知ってもらい
相手のどこを見ていくのか
今日はそんなところをお話しますね

自己紹介のポイント

始まりはどんな出会いにしろ
お互いを知るためには
自己紹介しますよね

AI婚活の場合だったらプロフィールに
何を書くのか!が大事になってきますよね


自分で自分のことって上手く紹介できない
自己アピールが苦手な方をよく見かけます
あなたは自分のどこを相手に知って欲しいですか?

  • 自身のある部分を先ずは見せたい
  • 最初から苦手や嫌いな事を知って欲しい
  • 居心地の良い環境を知ってほしい
  • 大切にしていること価値観を共有したい

などなど・・
知って欲しい事、知りたい事も人によって違います
だって、結婚に対しても考え方が違うのですから

どんな相手と相性が合うのか?
それは、どれだけ相手を理解しやすいかです

自分の価値観や基準と相手は違うので
歩寄れる度合いなのではないでしょうか

では、上手な自己紹介って?

一般的なプロフィールでは
・名前・生年月日・仕事・趣味・休日の過ごし方・年収
・得手不得手・好き嫌いな食べ物‥など

でも、実際、そんなことよりも
本当に知りたいことって??

・どんな考え方をしていて
・どんな癖があって
・どんな生き方をしているのか
・将来の展望
・譲れないところ

そんな初対面では言わない部分なのでは
ないのでしょうか。

私がお客様にオススメする自己紹介

自己アピールをかずたま術の鑑定書からすること

<例文・・ひかる>

私は双子で妹の方ですが、両親との関わりは
私の方が深いので実家の近くに住んでいて
父や母の相談相手や買い物などの手伝いもします

好奇心がとても旺盛なので
あちこちへ顔を出したり、情報収集へ
フットワークが軽い方でじっとしているのが苦手
そんな私がたくさんの情報の中から
これだ!と情熱を注げそうと思った仕事が
やまと式かずたま術の鑑定士です

世話好きで何でも自分でやりたいタイプなので
家と仕事の両立もできる方だと思います

こんな感じになります(一部ですが)
鑑定書にはあなたの知らないあなたも
たくさん見つかります
・何に興味があって
・どこに拘りをもっていて
・どんなことで満足するのか
・何を大切にしていきたいのか

ご両親や家族との関り方も
結婚となると大切です

案外ここを知らずに結婚して
こんなはずじゃなかった
なんて話をよく聞きます

長男をさけてせっかく次男と結婚したのに
相手のご両親と同居することになったとか

自分の実家の近くに住んでくれると思って選んだのに
海外へ出張や転勤になってしまうとかね

家族との関わり方を一番に

会社の面接なら、自己アピールは
得手不得手や考え方、行動の仕方
そんなことろを重点にすればいい

でも、婚活はそれだけでは不足なのです
それはAI診断でも出てこない部分
ご両家との関わり方!!

自分にはどんな役割(家系においてのポジション)
相手はどんな役割なのかの理解が
一番大切と言っても過言ではありません

だから、婚活においてオススメする
自己紹介は自分はどんな役割なのかを
最初に伝えるべきなのです

だって、家族になる相手なのですものね
家族とどんな関わり方をしている人なのか
どんな課題が待ち受けている人なのかを
知ることは、自分の人生にも大きく
影響するからです


もし、あなたが今、
本気で婚活したい(している)のであれば、
かずたま術の鑑定を受けて
自己紹介のポイントと選ぶべき相手を
知ってみてください。

AIではわからない部分も知れるはずですよ

いかがでしたか?
AIの時代だからこそ知って欲しい
自己紹介と相手を知る術のご参考になればと思います

無料メールレッスンのご登録は

興味はあるけど・・もっと「かずたま術」を知りたい
鑑定へ予約する前にもう少し何が知れるのかを知りたい
そんな方は「無料メールレッスン」へご登録ください。

無料レッスン終了後には自動的にメルマガへご登録できます。
ランダムではありますが・・
月に6~7回ほどのペースで体験談や活用例などを中心に
メルマガを配信しております