人事採用・才能を見極める~やまと式かずたま術🄬

面接時に知っておきたいこと

人事担当者、面接官、経営者の方々なら
採用面接の際に「これが知りたい」ってこと
ありますよね。


でも、面接で本質を見抜くのは大変
履歴書だけでは本当の才能や資質は
正直見極めるのは難しいのではないでしょうか


私のところへ鑑定(相談)におみえになる
経営者の方から、
・社員や部下がどんな人物なのか
・やる気を出させるための方法
・上司や部署仲間との相性
・適材適所

など…相談されることがよくあります

あなたの会社では社員全員の才能を見極め
適材適所へ配属できていますか?

部下や社員の才能を伸ばす環境を
与えていますか?

今日は、人事採用の際、
こんなことが知れたらいいと思われることを
お伝えしていきますね

適材適所とは・・

以前に「適職の見つけ方」というお話しをいたしました
(もう一度確認したい方はこちら

採用側からすると、適材適所。
例えば・・

今期は新規顧客を獲得していきたいとします
採用面接では「営業職に適した人」を
探していきたいところ。

でも、職種に営業職だけ募集とはなかなか
書き難いのも正直なところなのでは?

では、どうやって向き不向きを面接時に
見分けていますか?


営業職の場合なら
コミュニケーションの取り方が
1対1が得意な方を選ぶべき

数霊術鑑定ではお名前の持つ数から
その人の得意とするコミュニケーション人数や
人との接し方、何を気にしているのかなどが
名前だけで瞬時にわかります。


しかもそれは本人ですら自覚していない
本質的な才能だったりもします。

履歴書に「1対1が得意です」と
長所のところへ書く人は殆ど見たことが
ありませんが、実はこのことは職種選びで
かなり重要な項目です。

人当たりがいい
人と接するのが得意
だけでは見分けられない事なのですよ。


1対1が得意な人というのは
相手をじっくり観察することが得意なわけで
相手のちょっとした仕草や目線、顔色を
よく見ている傾向があるのです

反対に大勢の前になると
一人一人の目が気になってしまい
全員へ伝わっているかや、反応が分かり辛いため
自分に自信をもって伝えられなくなるのです

営業職の場合は前者の能力の方を
問われるわけですから、
少人数が得意な才能を持っている人を
人事することが成績アップへ繋がります

店長候補を探している場合の面接では
リーダーシップ性や指導能力などを
見極めなければなりませんよね

面接では過去の仕事などの経験を聞いたり
仕事への考え方などから向き不向きを
判断していることが多いのでは??


実際には立場を与えてみてから
その人の向き不向きが分かったりする場合が
多いように見受けられます。

数霊術鑑定で観ると
その人の立ち位置が分かります
どのポジションで仕事をしていくのか
職種だけでなく、向いていることが
明確に分かります



ではどのようにして
見極めているのでしょう・・

名前から解る人柄(才能)

やまと式かずたま術では
お名前(読み)を数に変換し特殊な計算法で
その人の持つ「数」を導き出して鑑定しています


数にはいろいろな特徴(才能・資質)があり
小さな数、大きな数、奇数、偶数だけでも
その特徴がハッキリと出てきます。

もちろん、一つ一つの数の特徴がありますので
面接時に名前を聞けば(数に変換すれば)
大体の本質が見抜けてしまうってわけです。

・一つのことを極めていく
・目標に向かって爆発的な集中力を発揮する
・分析や計算が得意で合理的に物事を進める
・情報収集力に優れていて企画計画が得意
・周りをよく見ていて適応性が高い
・アイディア、発想が豊
・物事を優先順位だてして着実にすすむ
・幅広い視線、長期的な考えができる
・統率力に優れ面倒見がよい

など・・

面接だけでは分からない部分の才能や資質が
名前から見抜けるのですから


数霊術の鑑定法を仕事に取り入れたくなる
経営者さまが多いのも頷けるのでは?



あなたは自分の才能や資質を分かっていますか?
あなたの会社では一人一人の才能を活かしきれていますか?


今日は人事採用・適材適所に
数霊術の鑑定を取り入れると?という
お話しをさせていただきました。
ご参考になりましたでしょうか。


ご自分のこと、社員のこと
家族の事、周りの人たちのこと
鑑定してみませんか?

鑑定法を習って取り入れてみませんか?

まずは公認鑑定士の鑑定を受け自分を知ることから

やまと式かずたま術に少しでも興味を
持っていただけましたか?

まずは、あなたのお近くにいる
公認鑑定士の鑑定を受けてみては
いかがでしょうか?

きっとあなた自身を知るきっかけを
つかめるはず!

鑑定士のご予約はこちらをクリック
↓↓↓