やまと式かずたま術~【子育てのつまずきをなくすには…】

子育てが上手くいかないと感じる事ありませんか?こんなに真剣に子供の事を考えているのに…どうしてだろう?
その想いは、本当に子供の為ですか?貴方の想いは、子供の重荷になってませんか?
子供には、子供の進むべき道があります。
今日は、子供の想いと親の想いの温度差が
子育ての支障になっている事についてお伝えしたいと思います。

それは本当に子供の為?

日常生活の中で
子育てのつまずきを
感じたことありませんか?

どこで間違ってしまったのだろう?
どうすればよかったのだろう?

そんな事を思う事は
たくさんあるのでは…

そして~
こんな時は~きっと…

何で私の言うことを聞かないの?
何で勝手な事ばかりするの?

なんて…思ったりしてませんか?

子供の事を思って言ってるのに!
辛い思いをさせてくないから!

親だから、子供の事を心配する
気持ちは当たり前!

でも…
それは、本当に子供の為ですか?
子供の人生は誰のもの?

一度、立ち止まって
考えてみてください!

子供と親は別人格

子供は自分から
産まれてきたのだから
自分の分身と思ったりしてませんか?

確かに…血の繋がりもあり
自分の遺伝子も
受け継いでいます。

でも~
似た部分はありますが
完全に似ている訳ではないのです。

性格も違うし
考え方も違う!

まずは…子供は親とは
違う人格だということを
認識してください。

子供は…親の一部ではないのです!

親とは別の道を歩む
人格なんです!

役割や特性が違う!

この投稿でも
何度となくでてくる
『役割』と『特性』

親が持つ『役割』と
子供の『役割』は違います。

子供が自ら選んできた
『役割』ですから…

親の想いだけで
この『役割』を
変えることはしては
いけないんです。

例えば…
長男だから家を継ぎなさい!
次男だから家を出て
外で頑張りなさい! 等々

家を継ぐ役割を持っているなら
問題はないのですが~
持ってない子に家を継ぐ事は
苦痛にしかないのです。

意外と…
子育てのつまずきは…
この『役割』を
理解出来てなかったりするんです。

その『役割』に
それぞれの『特性』や
『成長のステージ』が
加わるので~

親とは違う人格に
なるはずなんです。

子供と親は同士みたいなもの!

子育ては最初から
上手くいくものでは
ないんです!

だって~
親だって…初めて
親になるんです…

最初から
子育てのスペシャリストは
いないんです。

試行錯誤しなが
失敗したりしながら

子供と一緒に
成長していくんです!

こんな偉そうに
書いている私も
失敗ばかり~

何で私が言う事を
聞いてくれないんだろう…
絶対、この道の方がいいのに…
と思った事はたくさんありました。

子供の立場に立って考える

では…
子供と親は
何が違うのか?

それは…子供より少し
人生経験があるだけです。

子供が進もうとしている道が
応援してあげ、時々助言を
してあげる!

そして…最終決断は
『子供』です!

それが失敗しても
自分が選んだ事であれば
納得いくはずです。

もし…自分が
子供の立場にたったとき
自分が決めようとした事を
親にきめられたらどうでしょうか?

常に…
子供の立場に立ち
考えることが大事です。

最終の決断は
『子供』です。

親として
人生経験から
メリットとデメリットを
話してあげるだけで十分!

そこに…
子供の『役割』や『特性』が
わかっているのなら
子育てのつまずきは
なくなるはずです。

いかがでしたか?
子育てにつまずいた時は、子供の進むべき道が
何かを考えてみてください。

まずは公認鑑定士の鑑定を受け自分を知ることから

やまと式かずたま術に少しでも興味を
持っていただけましたか?

まずは、あなたのお近くにいる
公認鑑定士の鑑定を受けてみては
いかがでしょうか?

きっとあなた自身を知るきっかけを
つかめるはず!

鑑定士のご予約はこちらをクリック
↓↓↓