やる気スイッチの入れ方~やまと式かずたま術~

来週から冬休み

受験生のいるご家庭では

この時期ピリピリしている

親御さんも多いかと思います

 

「受験生なのに本人がやる気なくて」

「何になりたいか全く決まっていない様子」

「勉強しろって言いたくはないけど・・」

 

勉強だけは変わってあげたくても

本人にしかできないこと

 

(私の時はこんなんじゃなかった)

時代も含めてですが、

自分にできたことは我が子にもできると

思い込み、ついつい命令口調で

「どうしてやらないの」

「何がわからないの」

なんて言ってしまう人も多いのでは?

 

でもね。

無理にやらせようと思っても

こればっかりはね~

そんな今受験生、来年受験生の

親なら知って得する

 

かずたま別(才能別)

やる気スイッチの入れ方

教えちゃいます♡

 

名前の持つ数が

<1の子>

誰に聞くか、教わるかがポイント

親の言葉は入らなくても大好きな先生や

先輩からなら入るのよ。

あれもこれも万遍無くはムリなタイプなので

出来るだけ科目を絞り集中的に学ぶこと。

 

<2の子>

競争相手を作ってあげることと

小さな目の前の目標を明確にして

やっては褒めを繰り返していくこと

褒める、評価することから始めること。

 

<3の子>

目で見て解かる評価で良し悪しを決めて

テストや模試などを何度も受けられる方がよい

何のための勉強なのかをハッキリ伝えること。

対価と報酬 やったらやった分だけ を

鉄則として褒めてあげましょう

 

<4の子>

人に教えたりしながらが良い

実践(口に出す)ことで覚えていくので

教えてあげてが一番効果的

ママにここ教えてくれないかな・・ってね

 

<5の人>

比較的要領よく学ぶからこれ!って言葉より

本人の大物志向をくすぐる言葉が最適

比較的結果が分かりやすいものから始めたり

飽きさせないこと。

 

<6の子>

持前のバイタリティーを活かすためにも

仲間と一緒に何かの目標に向かっていた方がいい

1人でやると計画性が薄いため、

計画を立ててくれるような仲間同士で学ぶこと。

 

<7の子>

やり出すまでは時間がかかるのですが、

一度走り出したら放置して見守ることが大切。

やりたい事、ゴールを明確にするお手伝いを

心がけて、決まった後は

ペースを乱さないように、そっと応援がいい。

 

<8の子>

多角的に物事をみようとするため

同時にあれもこれもと手に負えなくならないように

時間配分や優先順位づけをすること

勉強だけに集中よりも、忙しいくらいの中での方が

効率良かったりもします

 

<9の人>

本人の価値観(思い)が強いので認めてあげること

4の人同様で面倒見の良いタイプなので

誰かに教えることでの学びは効果的(先生的)

責任感(自分が頑張ると仲間も)や主導権を与え

本人の決めたルールに沿って報告連絡をしてもらい

出来たことに対して褒めていくこと

 

冬季講習へ行くなら

1~4の子は個別指導塾へ

5~9の子はグループやスクール制塾へ

 

今日ご紹介したのは

ほんの一部にすぎません。

 

我が子の才能を引き出す環境作り

自分と子供の考え方の違いや

やる気スイッチの違いに気づくことが

一番大切だと思います。

 

 

 

 

まずは公認鑑定士の鑑定を受け自分を知ることから

やまと式かずたま術に少しでも興味を
持っていただけましたか?

まずは、あなたのお近くにいる
公認鑑定士の鑑定を受けてみては
いかがでしょうか?

きっとあなた自身を知るきっかけを
つかめるはず!

鑑定士のご予約はこちらをクリック
↓↓↓